読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筆もじスト かおりんのブログ

あなたや写真から感じた事が私の手を躍らせます。ことばを書くのも子どもたちとあそぶのも私にとって大事なこと。筆を通して表れることばはただ一つのもの。

上高地ツアーをのぞいてみたら

今回の上高地 ご一緒させていただいたのは かさこ塾の方々 でもね、好きな事が主軸の人達ですから まあ、気まま。 それがいいところ。 国立公園内だから石も動かさないでね の大正池には密かな秘密があり 馬も走り出す毒があっても可愛い花 梓川の流れはどこ…

ハイキングを満喫するための三原則

長年の憧れだった上高地 昔ながらの山男山女の元で培った ストイックな山信仰からすれば 上高地は聖地なんですよ。 簡単にいっちゃいけない気がしてました。 今回 かさこ塾の山岳ガイド原口さんが 企画してくださり実現した上高地ハイキング 山なんて行った…

あそびは世界共有言語

NPO佐倉こどもステーションで 私は子どもが子どもでいられる場を作ってます。 年に一度のこどもまつり ここ数年は 小さい子でも安心して遊べる場のひとつとして 山武杉の積み木であそんでます。 今年はダウン症のお子さんが遊びに来てくれました。 私は特に…

子育て保護が子育てをダメにする

子どもの育ちに関わり続けて来ました。 最初は幼稚園教諭として 途中から自分の子育て 並行して地域の子育て いろんな人も子どももいます 考え方も様々 子育てして来て大変だったーって思った人たちが 自分たちのできることを ひとつづつしていって 今、子育…

かさこ塾に入ってあぶり出された三つのこと

ちょうど去年の今頃 東京27期で受講したかさこ塾、 当時は500人くらいだった。 それがほぼ一年で 1002人(東京51期)突破! 実はこの夜の回に友人が参加しています。 何しろ直接かさこ塾を勧めない私なのに 興味を持って しかも塾生にまで歩を進めたとは。 影…

3、4才児で順番がわかっているのは3割(当社比)

今日のMaco塾 年中(4歳児)になったばかりの子が 一旦列を離れて戻った時に 詰められてるのをみて すっと後ろに回りました。 これはものすごい進歩! 「列離れちゃったもんね。並んでたら順番回って来るから大丈夫ってわかってるんだね」 と本人の行動を 言葉…

いいかげん欲しいものを欲しいって言ってみろ

欲しいものって ものだけじゃない。 自分に対する想い 気持ち これは案外厄介で こじらせるとめんどくさい。 謙虚が美徳とされてきた時代に育った私は 「自分の欲しいものを言わない、 できることを隠す」 事が謙虚だと認識してた。 でも違うんだよね。 だっ…

面倒なことを避けた結果に文句言うな

自治会、 PTA 、役員などなど 人が集って住まうと言うことは 避けて通れない人との関わり 最近は孤立が進んでると 騒ぎ立てられるけれど 当たり前 だって嫌だったんだもの。 人と関わって 干渉されて 時には監視されてるような気にもなって。 冗談じゃない …

レゴランド東京の楽しみ方 B面

まずは善意のフィルターがっつりレポート お届けしました。 しかし、しかしですよ。 書いててちっとも面白くない。 というわけで セキララ袈裟斬りレポートも 合わせてお届けします。 レゴランド東京に着くと いたるところに 「割引」が目につきます あーあ…

レゴランド 東京の楽しみ方 A面

お台場にある レゴランドTOKYOディスカバリーセンター 次男の三年越しのリクエスト実現 約束は守る女です。 どうしても流行り物にはすぐに乗っかれない へそ曲がりなもので なかなかいく気になれぬまま 三年が過ぎていたというわけ。 というわけで善意のフィ…

作り手が熱いままの餃子を食べる方法

ご飯というのは 美味しいタイミングっていうのがある。 餃子、春巻き、カキフライ、コロッケ、天ぷら はやはり熱いまま食べたい。 でも家族分を作っていると なかなかそうもいかない。 特に子どもが小さい&複数いたらなおさら。 子どもが小さいうちは それを…

人に伝えるために必要な三要素プラスワン

今回のかさこ塾フェスタ 東京 WSでの出展に加え スタンプラリーのスタッフをやったんです。 そこで気づいた凄いこと。 かさこ塾、いやいやかさこさんといえば 「他者目線」 わかっちゃいるけど 自分のこととなると とんと精度が落ちます。 ところが「他者目…

見本市だから挑戦できること

好きを仕事にするかさこ塾 が枕詞である以上 本日開催された かさこ塾フェスタ には 好きを仕事にしてる人達が 61人もいた。 スタッフ入れたらすでに100人規模 でもね 見本市だからさ 仕事に までいかない これが第一歩の人もいる。 私がそう。 昨年の名古屋…

フェスタに遊びに行くまでにやる事

いよいよ明日開催の かさこ塾フェスタ 遊びに来る予定の方へ これだけやっておけば10倍楽しめること ①チラシを隅々まで読む ②セミナー、ワークショップのスケジュールを確認する ③必ず行きたいものを回る順を考える ④水分補給、空腹回避方法を考えておく さ…

異界龍画と筆もじのライブペインティングの全貌

今度の日曜日に行われる かさこ塾フェスタでの コラボレーション企画 龍と桜ですよ 参加した方のパワーが合わさってどうなるかわからないんですよ なんてギャンブラーな二人 筆もじプチレクチャーではこんな用意をして お待ちしています。 http://art-hiro-b…

スタンプラリーが楽しみすぎる

今回のスタンプラリー スタッフに手をあげましたが メンバーで会うことはなく メッセージ上のやりとりが主 これがね なんとも小気味がいい。 まあ私はわいわい係として やいのやいの言ってるだけで ほぼほぼ我らがリーダー百万さんが やってくださったわけで…

お箸は6歳まで使わなくていいです

6歳まで箸を使わないだなんて! 衝撃でしょ? 早いうちに覚えたほうがいいんじゃないの? 私もそう思ってました。 うちの子達も3歳ぐらいを境に 興味を持ち始めた時期に 持ち方を刷り込みました。 うちの場合はうまくいったほう。 でもね 去年から3歳児と付…

頭でっかちなやるやるやる詐欺常習のかたへ

セルフマガジン ようやく手をつけました。 何たってセルフですからね 自分自身、そのものが浮き彫りになるわけで。 作り出すまでは どういう人に届けよう とか どんなことができるのか とかを かっこつけて うまく見せよう としていたから さーーっぱり動か…

自分で考えて、決める

大変残念な事故が起きました。 かけがえのない 家族の愛に育まれていた命が失われてしまいました。 離乳食にはちみつで男児死亡 「クックパッド」のレシピをめぐり物議 (BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース 取り返しのつかない悔いの中にいるであろう ご家…

スタンプラリー景品の発表

来週に控えた かさこ塾フェスタ 東京 では 空前絶後のスタンプラリーが開催されます。 大勢の出展者からの豪華賞品が集結! この青い服は私 百万さんに描いてもらいました。 スタンプラリースタッフとしても常駐してます。 私もあれこれ思いを巡らせつつ 筆…

あえて見切り発車した良さとは

遊び心で描いた ぐるカライラスト が好評で 「ポストカードでほしい!」 との声に調子に乗って ポストカード作ってみました。 データの扱いとか PCのスペックだとか いろいろうまくいかず 完璧に満足のいくデータを作ることができませんでした。 でも、発注…

節目の日だから宣言する

かれこれ三年前 心理カウンセラーの勉強をはじめ 今日、2年間にわたる講座を修了しました。 気がついたら二年経っていた という感じでしたが この間に 連れ合いの抱えてる事への対処 長男の不登校 長女との関係 実家の片付けに伴う気持ちのサポート などなど…

隣の芝生は青くない

子どもがいない時は 子どもづれを見ていいなと思ってた。 結婚したら 独り身の自由さをいいなと思ってた。 子どもが生まれたら 子どもがいるからできないことが増えたと思い 子どもが大きくなったら 小さい頃がよかったと思う。 おかしくないですか? 今を見…

ボランティアだからこそ面白くなきゃやらない事

いろいろなシーンで 「そこはボランティアにやってもらいます」 ということに出くわします。 ひとくくりにできない事ではあるのですが 一部のところで 「ボランティア」という名のもとに タダ働きの駒としてみなしていることがある事に腹が立ちます。その一…

表現の奥深さを体感しよう

異界龍画師 緋呂さんの 夜中のお絵かきで生まれた 龍画と筆もじのコラボ たくさんの言葉が湧いてきた中から 筆を持った時に ニューロンが捕まえたのが こちら レッド一秒前 書き終わって思わず かっけえって言っちゃったのも初めて。 でも一息ついたら 差し…

本当に助けたいと思っていたら何ができるんだろうか

いのちの電話を担うボランティアが 足りなくて存続の危機 というニュースが流れていました。 自殺を踏みとどまった人も 幾人もいるいのちの電話 苦しんでいる人の少しの光になれれば という気持ちで従事していてくださっています。 ここでちょっと不思議に思…

縁が繋いだ命

保護犬 そのままでは消えてなくなる命 我が家にやってきたたいちゃんは そんな運命から 命を繋いでやってきました。 11月かさこ塾フェスタでご一緒した 岩田陽子さん 彼女の活動に触れ 興味を持ったところから 繋がっていたのだと思います。 我が家でのたい…

人をタイプに分ける事は必要なのか

夜中に勃発した 前者後者に対する論議からの 好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログかさこさんのブログ 正直私はこの区分けについて わかるような気もするけど わからないところもあるし 今の所ふむふ…

こんなスタンプラリー見たことない

今回の東京フェスタでは 「スタンプラリー」のお手伝いもしています。 とはいえ まるで三蔵法師に仕える猪八戒みたいなもんですので、当日の働きに期待がかかっています。 で、今回のスタンプラリー 景品が半端なく豪華! しかも特別景品まで付いちゃいます…

その時を見届けるのはあなた

昨年のかさこ塾名古屋フェスタのご縁から この春の東京フェスタでは 異界龍画師 緋呂さんとの 参加型ライブペインティングを行います。 ヒロさん自身が 「コラボはしばらくやらない」 とおっしゃってるので 多分最初で最後の目撃者になることができます。 ど…

人を生かして自分を生かす

夜半過ぎに始まった かさこさんによる 命名祭り あれよあれよと手が上がり 熟成内外合わせて50名を超えたかな 私も名付けてもらいましたよ バカなんじゃないですかカオリ・コバリン まさかこれを持って来られるとは かさこさんは 講義の時にも どんどん卒業…

#009 行くぞ

#008 瞬く時

#007 ゆきゆきて 高く

#006 塊より出づる

異界絵師 緋呂

#005 夢の入り口

自分の気持ちを表現するきっかけとなるものとは

キッズのMaco'塾では 作ったら味見をします。 お料理だものね、当たり前。 味噌汁を味見すると みーんな 美味しい! っていうんです。 でも明らかに薄い。 ある時 でもさ、美味しいかどうか調べるための味見だから 美味しくない時があるかもしれないよねー。…

こだわっていたことは覚悟のなさの現れ

私の書いてる筆文字の源流である個性筆では 筆はツールである ことが大前提。 それぞれの持ってるものを 表現する手段として在ればいい。 それ故に 書き方ではなく在り方 という事を思って講座を組み立てていました。 でも先日 自分の受け持っている子どもた…

3.11を経験して思う 今子どもに身につけさせたいチカラ

まだあの日の記憶が 体感としてあるうちに 子どもたちには 困った時に どうにかする気持ちになること を叩き込まないと。 私たちは非日常の生活にいつなるかなんて わからないんだという事を知ったはず。 だからこそ 未来を歩く子どもたちが 自分の力で自分…

3月10日に思うこと

3.11が起きてからは 東京大空襲の話題はそうでなくなりましたが 72年前のこの日未明 東京は焼け野原になっています。 このあたりから全国の主要都市はほとんど空襲を受けています。 私が生まれ育ったのは文京区ですが 近くのお稲荷さんの狐さんは首がなかっ…

子どもの絵 見えたように描くということ

子どもの絵といって思い浮かぶのが 「頭足人」 頭から手足が出ます。 私はこの時期の絵が大好きです。 たまちゃんがうさぎにへんしんしてるの 3才6ヶ月 次男 頭足人と同様に顔から足出てます。 横についてるのはしっぽ。 3番目なので発達は早めと考えてくだ…

子どもが絵を描いた時にしておく三つのこと

子どもが描いた絵を持ってきたら やっておくことはこの三つ ①年月日を入れる ②名前を書く ③描いてあるものを聞いてそこにメモする ウルトラセブン 3才8ヶ月 次男 これだけです。理由は ①何歳の時の絵なのかがわかる ②名前はきょうだいがいる時には必須 ③子ど…

#004 天翔ける

2016/11/26 かさこ塾フェスタ@名古屋

新しい家族が増えた時に感じる事

自分の中に生まれる 優越感と疎外感 新しい家族が増える それはもちろん嬉しい事 迎えるまでに 何がいるかなあ どんな暮らしになるのかなあ と 思いを巡らして過ごす日々 準備万端で迎えた家族 でもそこから始まるのが それぞれの関わり方の構築。 そこには …

14の春

14才 中学3年が見えてくると 先生からも 仲間からも 「受験生だしなー」 というプレッシャーを受けるようで ついひと月前には 「一年もかけて勉強しなきゃいけないの?」 とぼやいていた長男 先日友達が行ってるからという理由で あるテストイベントを受けに…

人格適応論に興味を持った方へ

子どものタイプに応じて 勉強法が違うというのを 以前にも書きました。 http://hudemojist.hatenablog.com/ そもそも 人格適応論とは何か。 世の中に色んなカテゴリーわけがありますが 大雑把にそんなようなもの と捉えてください。 ただ違うのは 適応論の中…

予感が確信に変わった日

おかげさまで 個性筆モニター教室 当初10人の予定が 計12名の方にご参加いただきました。 前回 「この講座は筆もじセラピーなんじゃないか」 という予兆が見られていましたが 今回 参加された方から 「これはもうセラピーだね」 というお言葉をいただきまし…

葬儀のあり方はその人の在り方

3月1日で姑を見送ってから丸3年が経ちました。 退院する日の朝に 倒れたという知らせを受けてからの時間は 今でも霞のかかった記憶です。 それでもその後に続く手配と作業は 近しい関係であればあるほど 心引き裂かれることに違いないのです。 私の場合は 嫁…

かさこ塾は勧めません

私がかさこ塾を知ったのは まだ東京4期の頃で 夜しか講義がなかった頃 面白い人たちがいるなあっていうのと あの頃に上がってた名刺の添削が面白くて 興味を持ったんだった。 あの頃の私は 長いトンネルを出てとりあえず片っ端から やってみたかったことをや…

#003 歌姫へ贈る

あなたの声が 音も空気も 煌めきとともに 時空の彼方へと 連れていってくれる