筆もじスト かおりんのブログ

あなたや写真から感じた事が私の手を躍らせます。ことばを書くのも子どもたちとあそぶのも私にとって大事なこと。筆を通して表れることばはただ一つのもの。

小林佳織ができること並べてみた

家庭料理 19年前後 腎臓病食及び透析食に関わる 16年 楽器演奏 吹奏楽 クラリネット 6年 打楽器(スルド) 5年 ピアノ 6年プラスα 同居嫁 舅姑 16年 舅だけになって3年 専業主婦 14年 幼稚園教諭 (白金幼稚園) 7年 神輿(三社祭)担ぎ手 ブランク10年抜いて 24年…

ドリームキラーはここにいた

私の中にいたのです。 最近の言葉で言えば 潜在意識 あぁ、遠くに行きたいなあ あの公演を観に行きたいなあ あれが欲しいなあ と浮かぶたびに 家族がいるし 観なくても死ぬもんじゃないし なくても困らないし と逆方向の力が発動される。 反作用みたいなもの…

大事なものを残すために身につけること

情報リテラシー=情報を使いこなす力 これなんでしょうな。 http://ameblo.jp/tunanow/entry-12298657536.html 写真はブログよりお借りしました。 生産側と消費側に絞って言えば 食品偽装だの 虚偽表記だの 決まりの裏には抜け道があって 言質を取られないよ…

群馬県南牧村の風景

南牧川の川あそび 徳川の頃には砥石が採れたような土地柄だそうで 川の綺麗さは必見 沢山魚が泳いでる!と 河童になった子に 探し方も教わりました。 子どもたちが泊まったお宅から 持ってきた野菜でBBQ 夜は自然農法のお野菜をご馳走に 街のお家のすぐ横に …

群馬県南牧村より

初めて訪れた南牧村 穏やかで 豊かな魅力がいっぱいです。 ちょっとしかcafe さんでの食事では 初めて見るお膳に子どもたちも 目がきょろきょろ 蝉の渓谷 の高さに驚き 線が滝 この小さく見えるのが 人ですよ。 高低差35メートルの滝つぼまで 降りていけます…

イメージでの判断は6割がた違う

千葉から上信越方向に向かう場合 東京、あるいは上野から 北に上るのはとても遠い気がしてた。 今回高崎→下仁田→南牧村 というルートを見ただけで 気分は名古屋と同じくらいの距離感。 なにしろ東京-佐倉と上野-大宮は 同じくらいだと思ってた。 しかしこれ…

夏休みの憂鬱は一方的なのだ

夏休み始まっちゃったね 地獄だわー って聞こえたよ。 なんだよ。 家にいちゃいけないのかな 家でご飯食べちゃいけないのかな ご飯を作るのが大変 っていうんなら 作らなきゃいい。 僕たちが作るって言うと そんなわけにいかないって言うんだ。 やらなきゃい…

イベントに必要なのはたった一つの意識

研ぎ澄まされた他者目線 ただ一つ 昨今はフェスタやイベントが花盛り 特にママ向けのは一時の勢いは落ちたとはいえ 変わらずにあちこちで開かれる。 こういうママ向けフェスタに集うママ達は 必死だ。 自分でない何者かを探して ここではないどこかを目指し…

ブルーベリー摘みに行ったらこれを食すべし

虫が食べたところですよ、奥様。 蟻がかじったところは 甘みが滲み出ます。 そこのところが茶色くガピガピになるんです。 見た目だけだったら手は出しませんね。 私も農園の方に聞くまではわざわざ スルーしてました。 でも木からブルーベリーを積む時には …

思いを実現するための五箇条

1 早い行動 2 人の目を気にしない 3 プロ意識を持つ 4 自分で考えて自分で見る 5 人に相談しない(笑) これを具現化してるのが ダンサー 大瀧冬佳である 彼女は20代後半でありながら 壮絶な人生をうんぬんかんぬん こう言っている側の人間は 思いを実現するこ…

再受講は宝の山

今まで何度も再受講のチャンスはあったけれど 時間が合わなかったり 交流会だけの参加だったりと 勤勉でない卒業生 今回は丸新のご飯がどうしても食べたかったのと 郡山に行ってみたかったのと 安田紀子さん(ジョインズハウス)に会いたかったから 同じ市内の…

災害が起きた時に手助けできることはない

悲観的ですが現実です。 一旦本来の力を取り戻した自然の力にはなすすべはありません。 よく 祈ります 心配です だいじょうぶでしょうか? という声を聞きますが はっきり言って 現実の前には無力です。 特にメッセージしたところで どうにもなりません。 今…

フェスタがフェスタであることの意味

色々なステージの人々が集えるから これに尽きる。 この数年 イベントは隆盛を極め ターゲット別 ジャンル別に毎週末どこかしらでイベントがある。 その中で7月1日に福岡で開催された かさこ塾フェスタ は ここでなければ集まらないであろう人々の塊である。…

チャンスを掴むために必要なたった一つのこと

備えよ常に ハイ、それだけです。 前乗りで福岡入りしました。 相変わらずの泥縄ぶりで スタンプラリーの特別景品のため 飛行機内で書いてたんです、 「筆もじグラフィ セッション券」を。 そうしたらお隣の方が声をかけてくださいました。 こりゃ幸いとフェ…

引き寄せってつまり意識化すること

よく引き寄せって言葉を耳にするようになり 自分自身でも あれれ?というほど うまいことことが運ぶこともあり あゝ、これが引き寄せなのかー と思うこともあるけれど 100パーセント信じ切る気持ちになることはないのが 本当のところ。 だってさ、自分の力で…

有償、無償のジレンマは業界問わずある問題なのだ

立て続けに 演奏家さんや漫画家さんへの 「プロのものを無償でもらう」 ことについての記事を読みました。 でもね 保育業界でも同じです。 結構気軽に頼んだり 「共働きだと保育料6万もするの。保育料高〜い」 って言ってませんか? あのね、それはご自分の …

挑戦の足を引っ張るもの

ずばり 自意識過剰 ただ一つ やってみなけりゃわからないと 言いながら 心のどこかで 自分はここまでできるはずだから この状態でやってもダメだ と勝手に認定する。 ポイントは 「ここまでできるはず」 という自意識 その想定が妄想でしかない。 つまり自意…

ないもの探しはやめよう

私の生きてく指針の一つでもある 「死を想え」って すごく強い言葉で いつ人生が終わるかって思ったら 好きなことやればいい やりたいことやればいいってことを 後押しする言葉だけれど 今あるものから目をそらして やりたいこと探しに奔走するのは 違うんだ…

丸裸になるセルフマガジン

セルフマガジン大賞が発表されました。 写真はかさこさんのブログよりお借りしました。 4回目となる大賞 これのすごいところは 全作品の講評が同時にアップされること 編集者のプロの講評をいただけるのです。 その視点、切り口は 素人からしたら 顎が外れっ…

やらないこときちんとやらないススメ

楽しいところへ行った時 好きなことをしてる時 思うように自分が動けない時 具合が悪い時 私が悪かったんだーって いつもどこかに罪悪感を持ってた これがどうしてそうなったかっていうのは 長くなるのでおいおい。 今週末 年に一度ぐらいの感じでの体調不良…

福岡フェスタ 出展します

きたる 7月1日に行われる かさこ塾フェスタ 福岡 に先駆けて 出展者のインタビューを受けました。 人生四十路半ばを超えてはじめて 人に聞かれる体験 といっても さあらさんは とても気持ちよく話を聞いてくださったので 普通におしゃべりしてる感覚 それが…

にわのわ まちのわ

明日から二日間 千葉県佐倉市において 二つのイベントが同時開催されます。 それが アートクラフトフェア にわのわ と まちのわ 両会場ともに街中にあるため 専用駐車場のご用意はありません。 ということで! 最寄りの 京成佐倉駅からの道順をおしらせしま…

意識の下を知りたい時に

自分のことを見つめるのって いいところばっかり見ようとする。 だって嫌な思いしたくないから ただこの一年で 自分ときっちり向き合ってる あるいは 向き合おうとしている人に たくさん出会ってきたら もうね 見ないふり や いいかっこしようとしてても お…

個性筆ギャラリー更新中

広告漫画家百万さんより 「作品はどこで見たらいいんだい?」とのご指摘を受け ようやくというか 今更というか なんちゅうか 本中華 ただブログが抜けてるのを 埋めてるだけなんじゃね? という声は聞こえないことにして 更新しています。 カテゴリー 個性筆…

かおりんの動向予定

最近のかおちゃん あっちこっちにいるよね? 何やってるの? かさこ塾って何? とまあ お思いの方もいらっしゃると思うので まずはこの動画をご覧ください 2017かさこ塾フェスタ東京 - YouTube 初めてライブペインティングをやった様子が 記録されてます。 …

あなたを変えるものはなんですかーMAOー

ダンスカンパニーUzmeの旗揚げ公演 団長の大瀧冬佳さんより ポスターに字を書いて欲しい と言われたのは公演10日ほど前だったろうか。 ダンスもエンターテイメントも好きで ミュージカル観に行ったり 地元で舞台芸術を観る活動もしているけれど 今回の公演は…

上高地ツアーをのぞいてみたら

今回の上高地 ご一緒させていただいたのは かさこ塾の方々 でもね、好きな事が主軸の人達ですから まあ、気まま。 それがいいところ。 国立公園内だから石も動かさないでね の大正池には密かな秘密があり 馬も走り出す毒があっても可愛い花 梓川の流れはどこ…

ハイキングを満喫するための三原則

長年の憧れだった上高地 昔ながらの山男山女の元で培った ストイックな山信仰からすれば 上高地は聖地なんですよ。 簡単にいっちゃいけない気がしてました。 今回 かさこ塾の山岳ガイド原口さんが 企画してくださり実現した上高地ハイキング 山なんて行った…

あそびは世界共有言語

NPO佐倉こどもステーションで 私は子どもが子どもでいられる場を作ってます。 年に一度のこどもまつり ここ数年は 小さい子でも安心して遊べる場のひとつとして 山武杉の積み木であそんでます。 今年はダウン症のお子さんが遊びに来てくれました。 私は特に…

子育て保護が子育てをダメにする

子どもの育ちに関わり続けて来ました。 最初は幼稚園教諭として 途中から自分の子育て 並行して地域の子育て いろんな人も子どももいます 考え方も様々 子育てして来て大変だったーって思った人たちが 自分たちのできることを ひとつづつしていって 今、子育…