筆もじスト かおりんのブログ

あなたや写真から感じた事が私の手を躍らせます。ことばを書くのも子どもたちとあそぶのも私にとって大事なこと。筆を通して表れることばはただ一つのもの。

困ったら声をあげよう

最近小さい子を持つお母さんによく言ってること

 

困ったら声をあげればいい

こういうことで困ってる

こんなことに詳しい人に教えて欲しい

ちょっと声をあげれば

いろんな人が応えてくれるからー

 

そしたら

なかなか言えないもんだよねー

って声が聞こえてきた

 

はて。そんなこと思えるようになったのは

いつからだろう

そんな声をあげられなかった時

一体どんな時だったろう

 

それは私の中にある

ベキベキ星人が君臨していた頃

ベキベキ星人が立つ土台にあるのは

自分が何でもうまくできる

いや

できなかったら自分じゃなくなるんじゃないかという恐れ

間違ったこと迷惑をかけてはいけないという思い込み

 

そんな不安定なものを根拠にしてたら

そりゃあ始終不安になるし

武装したくなるよな

 

けどね

迷惑かけてないつもりでもかけてることってたくさんある

間違ってないつもりでも見方が変われば違うことも沢山ある

相手がどう受け取るかは

自分じゃどうにもできないことだから

 

もちろん

厚顔無恥に好き放題しろっていうんじゃないよ

自分の思う仁義

人としての礼儀はあって当然

その上で

自分のできないところを

人にお願いするのは

どこも悪いことなんかない

ましてあなたを否定するものでもない。

 

人から否定されていると感じるのは

はるかかなたにそびえ立った

自意識過剰の表れだから

そんなもの

誰も気づいてないし

気にしてない。

そんなことでぐるぐるしちゃうくらいだったら

とっとと取っ払っちゃえばいい

 

自分  大したことねえや

それも含めた自分 すごいや

 

ってね。

 

世界は優しさに満ちてるから

大丈夫

あなたが変われるのは

あなたが変わろうと思ったら

すぐできる。

 

f:id:hudemojist:20170107075153j:image

    photo by  町野健

 

この方もオススメしてます

積極的依存の勧め

http://ameblo.jp/rainbowpipe