筆もじスト かおりんのブログ

あなたや写真から感じた事が私の手を躍らせます。ことばを書くのも子どもたちとあそぶのも私にとって大事なこと。筆を通して表れることばはただ一つのもの。

正解を求めた時に落ちる沼

世の中に燦然と輝く
「正解」
この沼にはまってしまったら
そうそうなかなか出られるもんじゃないって知っていた方がいい。

f:id:hudemojist:20170119023211j:plain


この沼にはまってるのは
大人に限らず
いや子どもの方が
もっと足を手を取られて
身動き取れなくなっている

周りを見渡して見たら
きっといるはず

想定外のことがおきたら
どうしていいかわからずに
固まる子ども
正しいという評価が見えるまで
動き出さない子ども
アクシデントがおきたら黙る子ども

この子たちのことを
情けなく思ったり
怒ったりしても
なんの足しにもならない。
だってそうなるように
してきちゃったんだもの、
大人が、親が、社会が。

じゃあそんな大人がどうして生まれたかって
そりゃあ正解の沼に引きずりこむ社会があったから。
言ってみれば
大人も子どもも
自分の身を守るために取った行動。

こんな沼に
久しぶりに足取られたんです、私も。
それで動きが止まった。

全ての人に
どこからもクレームが来ないように
かかった経費の最低限は確保できるように
アドバイスしてくれた人の期待に応えるように。

こうした正解を出さなきゃいけない沼にはまり
そこにカッコつけたい無駄な自意識過剰がトッピングされたら
もう何も動けなくなる。
そこに動かない理由を
トッピングすれば
やるやる詐欺の文句怪獣
一丁あがりってわけ。

だからとにかく動け
考える前に動くのもあり
そして何より大事なのは
あなたがあなたでいることが
何より素晴らしい
という確信を持つこと。

そうしたら次の扉はすぐそこにある。