筆もじスト かおりんのブログ

あなたや写真から感じた事が私の手を躍らせます。ことばを書くのも子どもたちとあそぶのも私にとって大事なこと。筆を通して表れることばはただ一つのもの。

自分が楽しい事をやるのだ

 

f:id:hudemojist:20170126231409j:image

 

楽しいことやって当たり前と思うけど

楽しむ事をしない事を選んでる時ってあるんです

「楽しむな」ってなんのことだろうって思うでしょ?

簡単に言ったら

 

楽しむことを自分に禁止すること

 

例えば

こんなに遊んだらいけないんじゃないか。

遊びにいけなかった人に悪いことしたな

あそんで楽しかったけどそれを上回るやなことがあったなあ

などなど

 遊んでる時

うちに帰る時

こんなこと思うようだったら

心のどこかに

 

楽しんだらいけないんだ

 

という気持ちが潜んでる。

楽しむとお母さんががっかりするから

だったり

お母さんと一緒じゃないと

お母さんがつまんなくなるから

だったりと

子どもの思うところは

お母さんが笑ってる

ってことが何よりなんだから。

 

私も随分長いこと

楽しむことに罪悪感を感じてた。

楽しむためには子どもが喜ぶからといった条件付きにしてた。

それが当たり前だったところから

少しずつ

自分が楽しいと感じる事をやる

練習を重ねてきている。

他の誰でもない

自分の今を生きるために。