筆もじスト かおりんのブログ

あなたや写真から感じた事が私の手を躍らせます。ことばを書くのも子どもたちとあそぶのも私にとって大事なこと。筆を通して表れることばはただ一つのもの。

成るように育つ事を忘れずに

f:id:hudemojist:20170130102127j:image

 

うちの子お野菜食べないの。

果物嫌いなのよね。

びびりだからね。

などなど

大人から思ったら

「そう見える」

から言ってるだけなのだけど

子どもは

その姿であることをお母さんが望んでいると

無意識下に刻んでいくのですよ。

 

子どもが自分を受け入れてもらっているかどうかを感じるのには

周りから感じられるメッセージによるところが大きく

最も影響が大きいのは

非言語のメッセージ

表情、口調、目線、態度、空気

などなど

彼らは言葉の内容よりも

その時の様子で自分に何が求められているのかを感知する。

生き物として生き延びるための能力なの。

 

だからね、例えば

笑いながら

野菜嫌いでーって言ってたら

嫌っていると言われる今の状況を良しとしてるって思うし

離れなくて泣くんですーって

しょっちゅう言ってたら

それが自分を受け入れてくれるシチュエーションだって事になる。

 

成るように育つんです。

自分が無意識下に願ってるようになってるって

思うのはきつい事かもしれないけど

子どもにこうあってほしいと思うことが

自分がしたいことなのかどうかというのを

区別してみることを

オススメします。