筆もじスト かおりんのブログ

あなたや写真から感じた事が私の手を躍らせます。ことばを書くのも子どもたちとあそぶのも私にとって大事なこと。筆を通して表れることばはただ一つのもの。

群馬県南牧村の風景

f:id:hudemojist:20170806163728j:image

南牧川の川あそび

徳川の頃には砥石が採れたような土地柄だそうで

川の綺麗さは必見

沢山魚が泳いでる!と

河童になった子に

探し方も教わりました。

f:id:hudemojist:20170806163828j:image

f:id:hudemojist:20170806163822j:image

子どもたちが泊まったお宅から

持ってきた野菜でBBQ

 

夜は自然農法のお野菜をご馳走に

f:id:hudemojist:20170806163854j:image

街のお家のすぐ横に

こんな祠もあるような

歴史のある土地

f:id:hudemojist:20170806163924j:image

炭焼きそばも初めて食べる子は

ドキドキしてたけれど

f:id:hudemojist:20170806163910j:image

最後は南牧村のお土産と

持ちきれないほどの思い出を持って

三日間お世話になった

村長さんと役場の方々とここでお別れ

ステイ先の方々も

バスが動き出すまで

手振ってくれてたね。

f:id:hudemojist:20170806164139j:image

 

また来たい

住んでみたいな

誰かと来よう

そんな思いを持てたというのは

目を引くような何かがあったからじゃなく

今まで紡いできた当たり前の生活を

たった三日間でも

味あわせてもらえたから。

 

3日じゃわからないのもほんとだし

3日でわかるのもほんと。

何かの基準に達しているかどうかって

事じゃなく、それぞれの心のどこかが

この三日間を織りなした光景と

どこかで重なればいいんじゃないか。

重ならなくてもいいのかもしれないけど。

それがそれぞれの子どもたち、大人たちの

ポッケにあるだけで

きっと素敵な彩りになっていくんだろうな。