筆もじスト かおりんのブログ

あなたや写真から感じた事が私の手を躍らせます。ことばを書くのも子どもたちとあそぶのも私にとって大事なこと。筆を通して表れることばはただ一つのもの。

100人と交流する場で実感!超絶自虐女克服報告

はい、ついに克服したのです。

自虐ネタにまみれる自分から。

 

デブ

顔がでかい

女らしくしない

ガサツ

力自慢

 

長いこと長いこと

これらをネタに笑ってきました。

なんでかって?

 

嫌われたくないから

 

ただそれだけ。

 

自分から落としておけばダメージは少ない、確実に。

周りもそのように扱ってくるから

自分も楽ちん。

いつしか

楽=自分を粗末に扱う

になっていたんですね。

 

長いことそんなでしたから

巷に流れる

自分を大切に

好きなことをしよう

自信を持って

なんて言葉は

つらいだけ。

というより

理解するところまで行けませんでした。

 

で、そんなことしていながら

他の人のやってることが

羨ましくて羨ましくて

心の中は真っ黒け

私ならもっとできるのに

そんなこと知ってるよ等々

やってもないくせにね。

 

そんな私が

克服したと実感できたのが

 

かさこ塾 大交流会

 

100人余りの人たちが

大会議室に集まり

互いの活動をメインに交流をする。

そもそも

「好きを仕事に」を目的に集まった人たちだからこそ、目的意識ははっきりしてる。

講座の中で他者目線、セルフブランディングの視点を少なからず身につけているから

つまらないくだらない自慢話もありません。

それでも

今までの私だったら

いちいち反応してたのだと思うのです。

 

なんでそれがなくなったのか

 

考えられることは

たったひとつ

 

自分の行動を認めてもらえる場だから

 

これにつきます。

どの方も

相手の活動に敬意を示し

興味を持つ

それはとてつもなく

自信のない私にとっては心強い。

そしてそれを受け取らないことは

相手に対して失礼なこと。

そういったことも

かさこ塾での出会いの中で教えられたことの一つです。

そしてそんな大勢の中で

楽しめるようになった私。

f:id:hudemojist:20170822171243j:image