筆もじスト かおりんのブログ

あなたや写真から感じた事が私の手を躍らせます。ことばを書くのも子どもたちとあそぶのも私にとって大事なこと。筆を通して表れることばはただ一つのもの。

弱った時に手助けできることはほんの一つのことだけ

f:id:hudemojist:20171003093922j:image 

人間年数が経って

罵詈雑言

嫌味やお世辞

いろんな言葉にさらされてきていると

多少の言葉の破壊力には

免疫は出来てくるけれど

 

「シネ」

 

この二文字だけはいただけない。

言い切ってる

投げつけてる

言った当人の

語彙がそれしかないと

思う事で

自分にかかってくる破壊力を

弱める事しかできない

それも年若い子であれば

受ける衝撃は如何ばかりか

 

親としたら

「気にしなさんな」

と言ってしまうけど

本人にとっては気休めにもならない

だからせめてできることと言ったら

なんてひどいんだろう

悲しいねって

本人が感じた気持ちの横にいるだけ

怒ってても、怖くても

ただそのままをそうだよねって感じる。

ただそれだけど

「聞いてくれてありがと!」って言って

また明日を迎えられる、きっとね。

f:id:hudemojist:20171003094016j:image

 

 

 

これができるようになったら

子どもが安心して話してくれるようになった

筆もじストにはここで会えるよ

f:id:hudemojist:20171003093852j:image