筆もじスト かおりんのブログ

あなたや写真から感じた事が私の手を躍らせます。ことばを書くのも子どもたちとあそぶのも私にとって大事なこと。筆を通して表れることばはただ一つのもの。

記憶の思い違いを確かめに同窓会へ

人生50年近く生きてくると

自分の都合のいいように

記憶は塗り替えられる。

記憶に縛られて

今の自分の行動に

制限がかかっているのだとしたら

それは勘違い。

なんてことが腑に落ちてくる。

 

小学校の同窓会のお知らせが来た。

かれこれ33年ぶり。

当時の担任の先生が退職するお祝いだそう。

 

正直言うと

小学校の頃の思い出は

バラ色なことはなく

花崗岩ぐらいのまだら模様

良いも悪いもまだらなんだ。

それでも行くことに前向きなのは

 

記憶が書き換えられてる=思い込み

 

って事を知ってるから

そんなに身構えずに行ける。

24歳の時の同窓会では
よくありがちな
クラスメイトの
記憶の棲み分けに驚いたけど
今なら

自分と周りの

記憶と思い込みの答え合わせに

興味津々。

 

f:id:hudemojist:20180223104842j:image