筆もじスト かおりんのブログ

あなたや写真から感じた事が私の手を躍らせます。ことばを書くのも子どもたちとあそぶのも私にとって大事なこと。筆を通して表れることばはただ一つのもの。

今必要だったのは向こうの世界からのメッセージ

ミディアムシップである

奄海るかさんの

公開ミディアムシップリーディングに参加することができました。

 

向こうの世界から

メッセージを伝えたい方がるかさんを通して来てくれて、メッセージを届ける、というものでした。

参加されたどの方になるかはわからない

ということでした。

 

義母が身罷ってから3年

少しずつ

結婚してから同居した16年の間に起きたことを

事実として受け入れられるようになってきました。

だからこのタイミングで参加しようと

思うことができました。

私には時間が必要だったから。

 

メッセージは来ないかもなあと

思いつつ

他の方の話を聞かせていただきました。

どの方も

こちらの人に心配しないでね

という気持ちにあふれていました。

私といえば

もしメッセージがあるとしたら

何言われちゃうのかなと思うと

なくてもいいなあ

と思っていました。

 

でもね

やっぱり来てくれていました。

亡くなったのは70代だけど

見た目は40代って

これ聞いただけできっとおかあさんだなあって思ったらその通り。

 

お義母さんからのメッセージは

「感謝」でした。

あぁ、よかった。

生前言葉では聞いていたけれど

それ以上に要求されることの多かった生活では

その言葉を信じることができない私がいたのは事実でした。

「私が色々と決めてきつくしてしまったから

  好きなことを好きなようにやっていいんだよ」

こんな事、信じられなかった。

好きなことをするもんじゃないって言われ続けてきたからね。

そに反動からか、お義母さんがいなくなってから

自由な時間を得た私は

行動範囲が広がりました。

でも心のどこかに罪悪感のような

うしろ指を指されるようなそんな気持ちから逃れられませんでした。

きっとお義母さんだったらこう言うだろうな

こんなことしてたら怒られるよなって。

もういいんじゃないって

いろんな人に言われてきたけれど

ずっとずっと引っかかってきたのです。

それがすーっと融けた。

ほわっとした緩やかな空気が私を包んだんだ。

あぁ、あの年月の持つ意味があったんだって。

 

今思うとお義母さんにこう言われたしって言うのは

ただ人のせいにしてただけだったのかもしれない。

自分で自分を生きるのを投げてたんだ。

 

今回はっきりとメッセージを受け取ったのは

しっかり自分の事を自分ごとにしろって事なんだな。もう逃げるなってね。

 

でも本当に今の私に必要だったメッセージ

まだ気持ちがふわふわしててまとまらないけれど

ようやく自分の足で歩け出せそうな

そんな感じでいっぱい。

f:id:hudemojist:20170819090619j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏休みに宿題は必要なのか

夏休みの宿題という

壁が立ちはだかったのは

長男が中学生になってから。

小学校のうちは

馬人参(脅しともいう)で期日までに仕上げていましたが

中学にもなると

そろそろ自分でなんとかせい

という気持ちになり、任せてみましたよ。

その結果

8月31日に

読書感想文 自由研究 人権作文

を残すという荒技をやってくれましたのです。

 

でね、いうじゃないですか。

痛い目見れば次からやるよー

って。

あれは嘘です(当社比)

 

その証拠に

次の年も読書感想文と人権作文は残してましたよ

「去年より成長したでしょ」ってね。

 

夏休みの宿題にキリキリしている方へ

キリキリしても疲れるだけです。

宿題をやらない我が子を見てイライラするのは

自分にとっての宿題(姿勢も含め)になってるから。

任せちゃいましょう!

とは断言しません。

やらない子はやらないですもの。

まずはお母さん自身がどうしたいか。

「期日までに出す」ことを目標にするのか

「自分でなんとかやり遂げる」ことを目標にするのか

どちらにせよお母さん自身の気持ちを子どもに伝えましょう。

例えば

「お母さんは決まったことはやらなきゃと思っているから、あなたの宿題を仕上げることを目標にします。」

「自分でなんとかするまで何も言わないので、頑張ってね」とかね。

前者であれば

サポートする必要が出てくるでしょうし

後者であれば相当の精神的プレッシャーを自分に感じることになります。

任せるって決めたら言えないでしょう?

それでも言わなきゃやらないじゃないと思ったそこのあなた。

だったら

自分で痛い目にあえばいいなんていいこと言わずに

一緒になって困ったねーって言ってあげればいいんです。

親ですから、明らかに間に合わない状態を見過ごすのはこちらもきついもんです(経験者)

 

その子によって響く言葉、やり方は違います。

お母さんだって初めて取り組む子どもとの夏休み

あれこれ試しながら

やって行くしか道はないのかもしれません。

 

って事は

夏休みの宿題は

親の経験値を上げるために必要なのかもね。

f:id:hudemojist:20170814125837j:image

中学生の日記は絵日記だったんですかね。

今見てびっくりのすけ

この後頑張ってもらいましょう

 

 

 

自分からのメッセージに気づく方法

 

俄然断然片付けでしょう

 

この家に引っ越してきて9年

積んだままだっとところや

突っ込んだままのところに手をつけました。

封印していた荷物の山

開けてみたら

思いがけない自分を見つけました。

 

出てきたのは

幼稚園在職中の保育中の写真

これがいい顔してます。

本当に子どもといることが楽しかったんだな

というのが伝わってくる。

f:id:hudemojist:20170814003539j:image

 

この写真を前見たときは

そんなこと思わなかったのにね。

今の私だから感じることがあるのでしょう。

 

なんてことを思っていたら

敬愛なるライターのミキティーも

時を同じくしてこんな記事

インタビュア&ライター・鯰美紀の仕事・子育て・ときどき本音

 

「好きのカケラ」かあ。

読み返したら鳥肌ものの

青臭い日記や

鬱々とした日記も出てきたんですよ。

この際私の胸のうちにしまうことにしました。

この作業でわかったことは

書くことが好きだった

ということ。

 

振り返ると

いろんな気持ちと向き合うことになるけれど

夢中になってる自分に気づく、

そんな大事な作業なのかもしれません。

 

私との話題探しに

何が役に立つかわからないから

話題になると熱く語るもの一覧

f:id:hudemojist:20170813012735j:image

 

浅草歩き  40うん年

   グルメガイドと言いたいところだけど、浅草の物日を中心に通い続けてました。

決まったお店にしか行かないので、そんなディープ情報と町に関すること(トイレの場所とか)ならお答えできます。

 

フィギュアスケート観戦   20数年

 主にテレビ観戦 伊藤みどり時代からだから20数年

女子も男子も見続けてます

う私のフィギュア史に残る演技は荒川静香さんが世界選手権で優勝したものですね。

 

 

バレーボール観戦(テレビ)  10年くらい

河合さんや中垣内さんの頃夢中になってたなー。大林は春高バレーから応援してました。

 

大相撲(テレビ)   30年ほど

北の湖と輪島時代は旗作ってテレビの前で応援してた。どっちかって?北の湖ファンでしたよ

あのヒールぶりがたまらなかった小学生でした。

大相撲ダイジェストが終わってからはなかなか見なくなりました。

実は水取りのお兄さんや九州場所にいつもいるお姉さんなど、力士の後ろに映る人にいつも注目しています。

 

冬季オリンピック  20年(長野から)

フィギュアはもちろんですが、オリンピックならではのオススメはショートトラックカーリング

スキー全般ももちろんですが、滑降や大回転は燃えます。モーグルは楽しい。

 

朝ドラ  足掛け38年くらい

昭和54年のマー姉ちゃんが記憶に残る一番古い作品

そこからほとんど全作品を見てます。中には途中で観なくなったのもあるけど。

朝ドラで面白さを判断する材料は脚本家

半年のスパンで同じクオリティを保ち続けられる脚本家はなかなかいないのが現状。ウソかホントかいろいろな陰謀説もありますしね。

好きか嫌いかは主観なので断言はできないけど

近年は視聴率と面白さはあまりリンクしてないです。

 

時代劇   20年くらい

二代目水戸黄門大岡越前、遠山の金さんからスタートした視聴歴。そこからの必殺仕事人シリーズでは三田村邦彦のかんざしさばきにしびれ、山田五十鈴のような生き方をしたいと思ったもんです。

鬼平犯科帳が始まってからは吉右衛門にしびれ、伊佐次の死に泣きました。

御宿かわせみ剣客商売も忘れずに。

 

時代小説 20年

池波正太郎はするする飲み物のように読めるし

藤沢周平はもう少し歯ごたえあり

司馬遼太郎は管理職が好きそうなごつい展開

小難しい書き方なので脳内が論理的な人でないと煙出ます。

 

ひとまずここまで

音楽は多岐にわたって長くなりそうなので改めて。

以上、小林佳織との共通の話題づくりにいかがでしょう!

 

 

 

 

 

           

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できて悪いか

できることをあげてみる

 

これ実はものすごい勇気が要りました。

今を遡ること30年ほど前に

当時からかまってちゃん臭の強かった私は

できることを示さなければ

自分のいる価値がない

ぐらいのことを思ってました。

無意識下で。

 

この無意識下ってところがくせもんなんです。

知らず知らず

私はこれができる

これを知っている

やったことがあるといい連ねる。

鬱陶しい奴です。

中学生にとってはめんどくさいこの上ない。

 

私としたら

小学生時代にクラス全員に口を聞いてもらえなかったあの不安を払拭するための方法の一つでしたけど

逆効果100倍

「自己慢(自慢してる)だよね」と

表立っても

風の噂でも届くわけ。

ここまでなったらどうしていいかわかりませんよ。

ひたすら

目立たないように

役職は引き受けないように

出っ張らないように

する人生のスタートです。

 

まあそんなことしてても

なんだかんだと目立っていたと聞いたのは数十年後

引っ込むつもりでダダ漏れさせていた

ことに嫌悪感すら感じていたのです。

これがほんの一年前くらいまで。

 

でもここへきて

もういいじゃん

私は私でいいんだよって言っちゃっても

誰も何も言わないよ!

という風に押され

そうだよ

見て欲しいって思うのは悪いことじゃない

ってようやくこの数ヶ月で思うようになったわけ。

長い、長すぎる。

46年何やってたんだって。

 

 

それでもまだ

不安は消せないわけで

勇気を振り絞って

「こんなことできますよー」とやってみた。

もうね、目が離せない。

FBの知らせがつくたびに

確認して

何か書かれてないかどきどきして。

でもね、数時間経って気がついた。

 

なーんだ

誰も何にも思ってないや

 

ってね。

前の私だったら

「なんでも出来るねー」

は何も成し遂げてないのと同じで

中途半端に威張ってるって思われてる!

って思ってた。

 

でもこれって本当に失礼な話。

純粋に言ってくれてる人の気持ちを

踏みつけにしてる。

そんな反応されてたら

めんどくさってなるよな。

 

今回のこんなことできますを公表したのは

自分への大きな挑戦だった。

出しちゃった後、心臓17センチくらい出たけど

思った以上に

みなさまからの声をありがたく受け取ることができた。そして怖さをひとつ乗り越えた。

 

自分は自分のままでいい

 

これが今、私が伝えたいこと。

f:id:hudemojist:20170813223928j:image

 

 

 

小林佳織ができること並べてみた

家庭料理  19年前後

腎臓病食及び透析食に関わる  16年

楽器演奏 吹奏楽 クラリネット 6年

               打楽器(スルド) 5年

               ピアノ  6年プラスα

同居嫁  舅姑 16年  舅だけになって3年

専業主婦  14年

幼稚園教諭 (白金幼稚園) 7年

神輿(三社祭)担ぎ手  ブランク10年抜いて 24年

サンバカーニバル出場 ブランク10年抜いて 15年

スキー 20年くらい?(真面目にやったのは4年間)

東南アジア青年の船、世界青年の村受け入れスタッフ  4年

夢の国の住民(ポリネシアンテラス) 3年半

塾講師 家庭教師 ザウス 学習塾事務  それぞれ1年くらい

手仕事全般(縫う、編む)  断続的に30年ほど

バレエ 6年

習字 6年

NPO活動 (佐倉こどもステーション) 8年

心理の勉強3年

個性筆  3年

 

f:id:hudemojist:20170810191652j:image

 

 

書き出したらきりがない

それなりに長くなってきてる私の人生だから

どうしてもやってることは増えてくるよな

 

ひじきさんのブログ

親子で楽しめる食べ物の歌をうたう 食育ロックボーカリストひじき石塚のブログ

を読んで早速やってみたけれど

こうしてみると

私が長く関わってるのは

「色々な人と出会い、創り上げていくもの」

ということがくっきり現れる。

始めたきっかけも

これが好きーというより

その集っている仲間が好き

(吹奏楽、神輿、サンバ、国際交流)

だったりするし

だいたい素敵な人達に出会えるのが一番のご馳走なんだ。

 

同居だったことで身についたスキルもあるし

病気をふまえた食事を作ってたことで

レパートリーも増えたし引き出しも増えた。

 

いらないものなんてないんだな。

 

個性筆は三年前からだけど

唯一自分から表現することに挑戦したもの。

だからこそどきどきしつつも続けていけるのだろうな。

 

そんな筆もじ作品に会えるのはここ!

かさこ塾フェスタ大阪
2017/10/28(土)10時30分〜18時頃
AAホール 1F,2F
大阪市中央区淡路町3-2-9

 

 

 

 

 

 

 

ドリームキラーはここにいた

私の中にいたのです。

 

最近の言葉で言えば

潜在意識

 

あぁ、遠くに行きたいなあ

あの公演を観に行きたいなあ

あれが欲しいなあ

 

と浮かぶたびに

 

家族がいるし

観なくても死ぬもんじゃないし

なくても困らないし

 

と逆方向の力が発動される。

反作用みたいなもの

 

この力の根拠は

今までの経験(マイナス方向)

失敗体験

評価への恐怖

なんてものがないまぜになってるから

強烈なパワーなんだよ

 

それに屈していれば

そこそこ楽しく

そこそこ平和に

そこそこ穏やかに過ごせるのも事実

ただね

周りからの自分

いわゆる他人軸で考えてるから

いざ自分がどうしたい?

となったら

もう怖くてたまらなくなる。

自分を隠しておいた方が

人のせい、何かのせいにできるもんね。

それを選ぶのもひとつ

 

ただもし

こんなはずじゃない

なにか違和感

達成感がない

なんてことに気づいたら

自分の責任において

自分の事として選べばいい

もれなくきっつーい

自己責任はついてくるけれど

それがやだったら

人にケツ拭いてもらっていればいいんです。

 

自分の道を歩き出したら

楽〜に自分と付き合ってあげられる。

それを選ぶのも自分

 

ま、お好きな方をどうぞ

f:id:hudemojist:20170809004608j:image

流れは自分で変えられるんだぜ

 

南牧村

川あそび