筆もじスト かおりんのブログ

あなたや写真から感じた事が私の手を躍らせます。ことばを書くのも子どもたちとあそぶのも私にとって大事なこと。筆を通して表れることばはただ一つのもの。

子どもの道を狭くしてるのは誰?

大人です。

もっと限定するならば

子どもを取り巻く大人=親

 

でも

誰も狭くしてるなんて思ってない。

むしろ

子どもの可能性を広げてやりたい

やりたいことをやらせてあげたい

自由に意欲的に取り組む子になって欲しい

そう思ってる方がほとんどです。

だって我が子のこと

そう思うのは当然。

 

だのに狭くしちゃってますよ。

 

雨上がりの水たまり

ちょっとした段差

濡れた葉っぱやどんぐり

 

それをみた子どもを止めてませんか?

汚いから→洗うのが増える

怪我をするかも知れないから

→怪我をさせた責任が増える

汚れているから→後が面倒

 

大人が嫌なんです。

でもそこにある子どもの意欲は

踏み潰されます。

それが重なれば

いうことを聞く子どもが出来上がります。

 

そこまできてから

自分で考えられる子になってほしい

って思い始めるんです。

無理です。

だって子どもたちは

安全確保の手段として

大人が機嫌良くいられるように

言われたことだけやってたんですから。

 

ただね

人の発達として

何度かは自我を主張する時期が

やってきます。

その時に

こちらの要望が

誰にとっての理由なのか

よくよく考えてみることを

お勧めします。

そして

大人のできる事は大してないのに

子どもの力はあるんです。

ものすごいパワーで。

だからそこを信じて欲しい

そう思います。

 

こんな感じでいいのかも

f:id:hudemojist:20171206011957j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当の事を指摘された時どうしますか?

ごまかそうとしちゃう。

いい方向を向いてるように。

それは小手先に過ぎないのに。

本質はどこにある?

そういうこと。

 

我が家の家計は

ほぼ私が管理しています。

でも支出に口を出すことは

お互いありません。

それでも今年の夏以降の

大型出費に不安を覚えたようで

指摘を受けました。

 

そんな時に

ついやってしまう悪い癖

「確かにそうだけどなんとかなってるよ」

かっこつけたいのじゃ。

ただそれだけだってことに

気づいてしまった。

 

でも家計はリアルに響きます。

かっこつけなくたって

バカにもされないし

呆れられない。

そこに

自信を持って

より良い未来のために

構築し直します。

朝ドラの傾向と対策および効能

朝ドラが好きだ

一番古い記憶は

マー姉ちゃん

ひらりからしばらく抜けて

視聴復帰作は

こころ

 

同じような展開だからこその安心感

ツッコミどころ満載の時代設定

無名のヒロインを見守るベテラン俳優陣

 

これが朝ドラの主力要素

これだけ長く観てると

 現朝ドラで貫禄を見せる御寮人さんも

「君の名は」の時はみてらんなかったな

「あさが来た」の新次郎さんも

「こころ」の頃を思えば

その成長ぶりに目を細める。

まるで親戚のおばちゃんだ。

 

そんなわたしから

朝ドラの傾向と対策および効能を

3つ勝手にお知らせする

 

 1 、初めてみるなら下半期の大阪制作

     20年ほど前までは東京制作が面白かったけれど

    今や大阪制作が連勝中

    全国区では無いけれど地元で活躍してる

    役者さんが出てくるのも楽しみのひとつ

    原石を見出す訓練にもなる

 

2、オーディションで選ばれたヒロインに対しては

     成長の過程を楽しむ

     この半年で育っていくのを見守る光源氏

      気分が味わえる。

      我慢強さと脳内補完力が高まる

 

3、時代考証などなどは片目をつぶる

     たいがいツッコミどころ満載

     でもそれをスルーして楽しめるようになると

     井戸端会議もスルーできるくらいの力がつく

 

この3つを押さえれば

十分楽しめます。

f:id:hudemojist:20171206220526j:image

 

ちなみに私にとっての

朝ドラベストスリーは

 

カーネーション

ちりちてちん

あさが来た

 

もっと深く楽しめる秘訣は

チャンスがあったら

私に聞いてください。

 

 

朝ドラフリークな筆もじスト かおりん

明後日会えるよ!

しかも特別書き下ろしもつけちゃう

12月8日  個性筆本講座in三島

 

Instagramやってます(基本フォロー返し)   

https://instagram.com/kaorin1156

 

 

 

 

 

 

 

「やってくれない」は「やってない」だけでした

と言うと手厳しいかもしれないけれど

こと片付けに関しては

まさにこの通りだった

と言う話

 

家族が片付けられない

自分以外は散らかす

旦那が物を捨てられない

云々かんぬん

 

はい

これ

ぜーーーーんぶ

 

言い訳でした

 

もう一度言います

ただの言い訳でした(当社比)

 

思い起こせば

先週のこと

お片づけのお茶会に参加したわけです。

その時に言われたこと

 

まず自分が片付けて下さい

そして綺麗になってる状態を気持ちいいと

感じさせる、審美眼を育てるんです。

 

あー、そういう視点はなかった。

私にとって

片付けるという行為は

罰則だったんです

つまり

散らかしてるからいらないんでしょ!

もう捨てちゃうからね!

 

ね?

これって

捨てる=罰

ですよね。

そりゃあ子どもたちも抵抗するわ。

たとえいらないものであってもね。

だってダメのみせしめみたいなものですもの。

これじゃあ自分で片付けるようになんか

ならないし、片付いたことを

プラスと思えるわけないんです。

 

だから方向転換

私が実現したいのは

  探し物をしなくてすむ家

  ひとりひとりが落ち着く場所のある家

という事をあえて

言葉にしていうことにしたんです。

 

そうしたら

それだけで、たったそれだけで

確実に子どもたちも旦那さんも

片付けに対して

罰ではなくしたいこと

に変わっていってるのです。

 

とどのつまり

やらなかったのは私で

私の意識が変われば

周りが変わっていくだけで

片付かない原因は

私だった

ということでした。

f:id:hudemojist:20171202234021j:image

こんなものも発掘  30年ものですよ

 

 

 

片付けはマインドだと

胸張って言える筆もじスト かおりん

講座もあるよ。

12月8日(金)  三島

12月17日(日) 東京  こちらは体験講座

 

インスタグラムはこちら  

https://instagram.com/kaorin1156

 

 

 

 

人生における大切なこと

LOVE&PEACE

 

なんてものが出てくるかなって

期待してたんです。

アクティブカラーセラピー

「人生における大事な三つのこと」

 

ありきたりな

家族とか夫とかじゃないだろうな。

→だって私は人と違うからーーーーー  

ってね。

 

どれだけ自意識過剰

かっこつけたがりも

たいがいにしろ

 

ということが

白日に晒されました。

 

そう、

私はごくごくあたり前に

家族  夫  人との繋がり

が大事なのでした。

 

そんな中

家族はそれぞれが柱のように

独り立ちしてるイメージ

あくまでも包み込むような家族ではない

ところが自分の口から出てきてびっくり。

このセッションが

自白セラピー?と言われるだけあります。

まあ、自分再発掘といったところでしょうか。

 

f:id:hudemojist:20171125210411j:image

 

さいごに出てきた

人との繋がり

二つの色が互いに絡み合って

つながりを生む

そんな感じです。

そういえば私の財産は

人との関わりだなあと思ったわけでした。

 

 

 

「筆ことば」はじめ〼

焼うどんじゃありません

今までも

筆もじグラフィで対面での書き下ろしを

していましたが

今回、ついに

大師匠である

草刈正年さんによる

書き下ろし講座を受け

f:id:hudemojist:20171126160111j:image

 

声から受け取るメッセージ

「筆ことば」

はじめます。

 [ ]

 

対面で、その人の声や空気から

伝わったインスピレーションを

筆もじで表現します。

 

ライブで

場を作って書きおろす。

すぐにできることじゃないけど

今は沢山の方に書いてみたい

そんな気持ちでいっぱいです。

 

しばらくの間

「私に筆もじことばを

書かせてくださいキャンペーン」

になります。

リアルに会う場を設定するかも

ちょうど会える時にも

書かせてください。

 

キャンペーン中は

ドネーション制(ワンコイン以上)にします。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

はんつくにお役立ちの調理法

それはずばり

「重ね煮」

 

重ね煮って

マクロビとか自然派の業界

(ザックリですけど)ではポピュラーな調理法

食材の陰陽を追って重ね

じっくり蒸し煮していく。

いろいろ細かな取り決めもありますが

要は塩で野菜本来の水分を引き出して

素材自身の味を生かす調理法

 

材料切りながら

順に重ねて火にかける

ル・クルーゼやストウブなど

保温力の高いお鍋ならなおさら有効

洗い物に立った時にでも

仕掛けておけば

終わる頃には火が通った状態

 

味噌汁にでも

煮物にでも

スープにでも

応用できます。

油分が欲しかったら

足せばいいし

合わせるだしで和洋中対応可能

 

ひとつおかずの下ごしらえができてたら

それだけで気が楽になるでしょう?

 

ひいては

自分の気持ちを軽くするために

やってるだけのこと。

そんなしてできたクリームシチュー

f:id:hudemojist:20171118105334j:image

カリフラワーとブロッコリー

火が通り過ぎると

残念感MAXのため

別茹でで後からin

この日夕飯の支度でしたことは

茹でたのとサラダのみ

こんなこともできちゃいます。

 

 

毎日Instagram更新中

(写真はかさこさん提供有り)

https://instagram.com/kaorin1156

 

何やさんだかわからない

筆もじスト かおりんにはここで会えるよ

12月8(金) 個性筆本教室 in三島

12月17日(日) 個性筆体験教室in東京

お問い合わせはメールかメッセージにて