筆もじスト 小林佳織 かおりんのブログ

あなたや写真から感じた事が私の手を躍らせます。ことばを書くのも子どもたちとあそぶのも私にとって大事なこと。筆を通して表れることばはただ一つのもの。

人を育てるのに必要な事はただ一つ

「育てる」とひとくちに言っても

子育てだけじゃなくて

職場だったり、自分だったりするけど

人を育てるのに必要な事って

「みて 考えて やってみる」なんだなあ。

 

昨日受講してきた

「ふんわりすくすく赤ちゃん講座」

 

自分が産むわけでもないし

最近は小さい子向けの支援をするチャンスがあるわけでもない。

お母さんたちと出会うこともなくなったけど

発達と体の認識の部分を

改めて知りたかった。

 

放課後等デイサービスに勤めて一年半を過ぎ

彼らの身体の発達(もちろん定型の子達もですが)の

不自然さと認識の差がどう連動してるのか。

何よりどの子も今より豊かな暮らし、

経験を増やして行きやすくなっていくには

どうしたらいいんだろうと思ってきたです。

この場合の「豊か」は「あらゆる可能性につながることのできる状態」と私は位置付けてるんですけどね。

 

講座の中で繰り返し講師の先生がおっしゃっていたのが

「様子を見て=観察」

でした。

寝返りにしても

腰から 頭から 手から 体全体からと

その子のモチベーションのよって様々

でも様々なことを知っていれば

いずれ行き着く状態を思い描いて待てる

今 必要な手助けも見えてくる。

 

このことは

発達障害カウンセラーであるこばねえの

グループワークでも繰り返されていきます。

こばねえのブログはこちら

あなたの人生を爆笑に変える発達障害子育てカウンセラー

 

私が勤務していた幼稚園でも

「子どもが どんなつもりで 何をしているのかが大事」と

繰り返し指摘され、

いわゆる

「子どもはこんなもん」

の枠をバキバキ外されたものです。

 

 

昨日の講座を受けていたら

改めて今までの根底にあったのが

「観る」だったと再認識

 

 

まあ子育てが

割と普遍的で

割と多くの時間を割かれることがあって

割と困ることが多い  から

教科書的な見本が欲しくなったりするのはよくわかる。目安としては大事な情報

 

でも実際付き合う子どもなり大人なりを目の前にしたら、できることはこれしかないのかも。

理屈と現実とがうまく連動していったら

楽チンにすごせるんじゃないかなあ。

 

悩みたい人はそれでいいけどね。

そういう時期もあるし、それはそれだから。

 

でももし苦しかったり、辛かったりするなら

そこにぽちっと見える

きっかけになれたらいいなあって思うわけです。

f:id:hudemojist:20200115095933j:image

 

ではでは。

 

 

来てくれた人にできること

 

先週末

三重の伊賀から西田千景ちゃんが娘さんと二人で

東京を貫通して千葉県佐倉市まで来てくれました。

 

何かのついでとかでもなく

わざわざうちのごはんを食べたいと

さらに

「台風とかで大変やったやろ?千葉にお金落としたいねん」

と言ってくれたのです。

さてそこで考えた。

泊まりも含めて二日間弱

どこにでもあることしかないなあ

としか思えない中

ちょうど佐倉の鎮守でもある麻賀多神社

佐倉市復興イベントが行われることになりました。

 

普段から仲良くしてくれてる人達が

出店し、美味しいお店も軒並み出店します。

目新しくないけど

美味しいお店もあるしと

聞いてみたら快諾!

そこをメインにゆっくり過ごすことにしました。

 

到着した日は

伊賀から送ってもらった伊賀牛をメインに

 

焼きしゃぶ

伊賀牛のたたき

チーズフォンデュ

鯛のカルパッチョ

ミネストローネ

おからサラダ

シーザーチックサラダ

土鍋白米

f:id:hudemojist:20200113224022j:image

 

f:id:hudemojist:20200113224222j:image

 

そして千景ちゃんは

グリーンラベルを片手に

娘ちゃんも喜んでくれました

 

次の日はイベントへ

寒かったけれど

シュウマイ たこ焼き 焼き鳥 スモークハムなどなど

ほぼ全部食べたんじゃないかな

かなりゆっくり過ごした後

麻賀多神社から武家屋敷(入んなかったけど)からの

ひよどり坂へ

f:id:hudemojist:20200113224624j:image

こんなに笑いっぱなしのふたり

f:id:hudemojist:20200113225739j:image

 

今回一番大事にしたのは

来てくれた人が

「やりたい 行ってみたい」を叶えること

複数の選択肢を持った状態で選んでもらう。

この日も

歴史的建造物

国立歴史民俗博物館

カフェでお茶

から選んでもらいました。

 

行ったのはこちら

f:id:hudemojist:20200113230014j:image

 

「今まで食べたワッフルで一番美味しかった!」を

娘さんからいただきました。

千景ちゃんの佐倉ならではのお土産が欲しいということで、蔵六餅を買いに。

店内には秋祭りの様子を表す写真もあって、みてもらえました。

 

千景ちゃんも伊賀に遊びに行くと

本当に色々案内してくれます。

そんな彼女にどうにか佐倉を見せられたかなあ。

 

いつものかおりん亭ではご飯がメインだけれど

また違う形でのご案内もできて

わたしの経験値もUP

今回はうちの子も一緒に遊んでくれて

楽しい二日間でした。

 

そんな佐倉のご案内

春から初夏にかけるまで

梅→桜→チューリップ→あやめ→ラベンダー→ひまわりと堪能できます。

6月頭には城址公園でクラフトフェアも開催されます。広ーい空を感じることのできる田んぼや

夕焼けに染まる印旛沼もなかなかいいものです。

 

また、佐倉に限らず

成田 佐原 香取 あたりまで

一緒に楽しみたいかたいらしたらいつでもお声掛けくださいね。

 

 

そんな千景ちゃんのブログはこちら

麻紐で織りなす天然石アクセサリー作家&ふわふわ今治タオル♪温布代理店☆千景のブログ

可愛いアクセサリー作ってるよ💕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やらないことを決める

 

この数年

「やらない事をきちんとやらない」

ということにフォーカスしてきました。

 

初めはどういうことなのか

暗中模索だったけど

少しづつ少しづつ

ちょっとした「嫌」への感受性が高まってる気がします。

今は嫌からそれを表明する段階。

 

 

やってみて気づいたけど

「嫌なんです」って言えるってものすごい

自分への信頼と周りへの信頼が必要なんだって事。

それまで私がしてた

「嫌なんていったら迷惑かけるし、わがままって思われるし何しろ嫌われる」

という謎の思い込みは

とことん相手に砂ぶっかけてたんだなあ。

 

思い返せば返すほど

大変失礼なことをしてきたなあと申し訳ないにこの上ないです。

 

 

と、みなさんのおかげで

ここまでくることができたので

今年の私は

昨年以上に

「やらないことをきちんとやらない」

ええカッコ虫や

取り繕いグセがムズムズしても

それを感じてるのは自分だから。

自分が自分に思わせてるだけ。

周りの誰もジャッジなんてしてないんだから。

 

f:id:hudemojist:20200105001238j:image

だってイヤなんだもの

 

2020年 笑い始めで涙する

三が日という事で

「初」づくしの三日間

 

初日の入り←なんで日の入り?

初富士←シルエットだけど

初詣←おしゃべりしてたら家族が先に参拝してました

 

となんだか半歩踏み外してる感満載の2020年

 

でも!

今年の初笑いは最高でした

状況を思い浮かべるだけで笑えちゃって

何が起きたのか聞く事も出来なかった。

 

その証拠写真がこちら!

f:id:hudemojist:20200104100232j:image

(子どもらは一応ぼかしてます)

 

未知との遭遇

はたまた超常現象?

それとも透明マント?

 

何が起こってるのか一眼じゃわからない

セルフタイマーで最後に入った場所がドンピシャすぎでした。

 

 

そんなミラクルに笑い倒したお正月

今年も楽しい年になるといいなー

 

 

 

 

ドラマの総集編の味わい方

年末各種ドラマの総集編が放送されます。

今まで総集編には大きな期待をしてこなかったんですね。

 

あーーー、なんでそこのシーンカットしちゃうかなあ

あの描写がなかったらここの意味通じないじゃんねー

あっさり流しちゃったなー

などなど

まあ、全体の大まかな流れを掴むのにはいいのかな

なんてちょっと上から思ってました。

 

でもでもでも

 

この年末年始に放送された

総集編二本でその考えは改めることにしました。

 

連続テレビ小説 スカーレット

大河ドラマ いだてん

 

スカーレットは毎日食い入るように見てるので

総集編でがっかりしそうだなあと

ちょっと構えてましたが

いやはやなんのその

しっかり切り取るところと見せるところの緩急をつけてきていました。

そりゃあ手袋のシーンをはじめ、切り取られたシーンをいえばきりがないけれど、出来上がった総集編としての出来は満足。

言うなれば再び味わうのにふさわしい。

 

そしていだてん

子どもが大きくなってくるのと共に

日曜8時から1時間テレビ前に居続けるのは難しく

宮本武蔵を最後にほぼ見ることができなくなってきた大河ドラマ

今回はネット上の評判の良さを知って

総集編で一通り楽しんでみようと思ったわけです。

それが大正解

満遍なくまとめられた話で大方を掴むことができました。

この長さのストーリーを一年間追っかけるのは結構大変だったろうと想像できるので、私はこれで満足

 

 

なんだかんだいって

年始でないと腰据えてみることができないので

一年に一回のお楽しみです。

今年は

カキフライとお子さまランチのように

ぐぐっと深い楽しみ方と

あちらもこちらもと楽しんだのでした

 

お正月ならではの総集編

また来年も楽しみにしてます。

 

ちなみに今年の大河 麒麟がくる

心の糧でもある長谷川博己さんが主演ですから

外すことはできません

今から宣言しておきます

 

1月19日以降

日曜20時になったら台所には居ませんと。

f:id:hudemojist:20200103164611j:image

 

 

 

 

2020年が始まりました

 

今年は初めて両親が我が家で年を越しました。

こんな日が来るなんて嘘のようです。

 

母と一緒におせちを作り

晦日に父の打ったお蕎麦を食べる。

今しかできないこの一瞬を

大事にしないとなあと思うわけです。

 

と言いつつ

どうしても母とはぶつかるんですけどね。

 

まあ、年々両親の減速ぶりを目の当たりにして

次なる備えをかんがえなきゃいけないなと

思うわけです。

 

 

そんな年明けの2020年

ちょっとチャレンジしてみたい事が出来たので

今年はそのための準備期間になるかな。

自分でも予測がつかないけれど

自分がドリームキラーにならないように

自分を信じて

まっすぐ進んでいきます。

 

夜のおせちは

マイナーチェンジ

2日がかりのローストビーフ

グレイビーソースがうまうまでした!

f:id:hudemojist:20200101232318j:image

 

今年も

筆もじスト 小林佳織

かおりん

フリーのいち保育者として

よろしくお付き合いくださいませ

 

 

 

2019年 4クール終了!

そうだったそうだった 

今年はイノシシ年

年女だったんです。

 

何やって一年過ごしたんだっけ?

って思いながら紅白見てて

いろんな方のブログを見てたらもうこんな時間

 

そう

今年はこんな感じでした。

思うようにいかなくて

周りに様子にあたふたしたり

気持ちが全く動けなくなったりしてるうちに

どんどん状況が変わっていく。

はっと気がついて改めて動き出して、そんな感じ。

 

それも私

これも私

 

秋からこっちは

自然の猛威に驚いて

自分のできること、やれることを見定めるいい機会になりました。

 

後半は自分の

「ここちいい」事にとても自然にフォーカスできるようになって

不具合に感じたり違和感から遠ざかる勇気を持てるようになった。

もちろんこれらの変化は

この数年出会った人達に見せてもらったり

教えてもらったことばかり。

それを実践できてきてる私って

サイコー!

 

来年はどうなるかな。

そんな時にヒロさんが

来年の一文字を書いてくれたのが

「伝」

 

そうか

まだまだ自分の事を表しきってないなあ。

 

そんな小林佳織

来年も楽しく面白く心地よい時間を求めて

すごしていきます。

 

よろしくお付き合いくださいませ。

f:id:hudemojist:20191231231745j:image

  自分の機嫌ぐらい自分でみよ