筆もじスト 小林佳織 かおりんのブログ

あなたや写真から感じた事が私の手を躍らせます。ことばを書くのも子どもたちとあそぶのも私にとって大事なこと。筆を通して表れることばはただ一つのもの。

簡易給食を巡って その3

前回からの続き

 

こちらからの提案も

子どもの食の好み

に受け取られかねない言い方だったのを反省し

まず考えをまとめました。

 

簡易給食に対する疑問点は?

 

なぜパンだけなのか。個包装がマストならば市販のおにぎりでも対応可能なはず。

代替えについて教育長からの通達はあったのか

 

この2点に絞られました。

そりゃあお腹空いちゃうよな、とか色々思いますが、代替として当初私が考えていたのはパンとおにぎりのチェンジだったので、シンプルにしました。

 

いざ、学校に赴き、教頭先生、学年主任、栄養士の先生とお話をさせていただきました。

 

まず、今回の状況下での先生方の気配りは大変なもの。どこまで対策を取るのか、試行錯誤の中安全を守るためにやっていただいているのは重々承知。感謝に絶えません。

その上でパンだけという点を伺いました。

学校側からもコロナ下での事情は話されます。

でもなぜパン?

というところは、

そう決まっているから

でした。

市、はてさて県からすでに指定されていること。

平たく言ったら大人の事情です。

もうそれは学校がなんとかできる話ではありません。そこはもう致し方ないことなので、家庭でのフォローはしますが、できない家庭もあるので最後の砦として給食を守ってください、とお願いしました。

 

2点目については

文書での通達は来ていないとのことでした。その場で教頭先生が教育委員会の方に確認をとってくださいました。

結果、文書としては出ていない。

ただ

 

保護者の方から健康上の理由で申し出ていただいたものを押し返すことはありません。

とお言葉をいただきました。

 

この言葉の至るまでに

再三アレルギーへの対処は従来通りするとおっしゃっていたので

現状のアレルギーは当然ですが、この先なるかもしれない可能性に対して配慮していただけないのでしょうか?

という問いかけから先の言葉へとつながったようでした。

 

実際、同じ食べ物を続けて摂取して症状が出ることはゼロとは言い切れません。そこへの不安は拭えなかったのが正直なところでしたので、

今月様子を見ながら来月の献立が出た段階で家庭の判断を、ということになりました。

 

というわけで軟着陸になりますかね。

とりあえずパンをおにぎりにと部分的な差し替えはできないそうなので、まるまる持参という形になりそうです。

 

 

もちろん

この流れになって実際持っていくのは子どもですから、当人の意思が一番に尊重されなければいけません。そこは重ねて確認してすすめています。

 

私としてもコトを構えたり

対立するつもりは微塵もなく、学校側の苦悩も

手に取るようにわかります。

なので、双方の意見を出し合っていい着地点が見つかればいいかなと思っています。

 

今は家でできるフォローをしている状況です

 

ひとまずこれまで

 


f:id:hudemojist:20200621171846j:image

簡易給食を巡って その2

佐倉市の簡易給食のお知らせは

6月第2週には手元に来てたと思います。

簡易給食になる理由としては

感染症予防の観点より

配膳する時のリスクを避けるため

調理でのリスクを避けるため

ということでした。

新しい生活様式を鑑みれば

まあ仕方ないかなあ、とは思っていたのです。そのときは。

いざ献立表を見ると

パンパンパンパンパン....

???????¿¿¿¿??????

加えてトッピングはジャム、マーガリン、がずらり。ちなみにパンはコッペパン黒糖パンにツイストパンだいたい6種類くらいかな。

黒糖パンにもはちみつとかつくんですよ。

 

次男は今は際立ってアレルギー症状はないものの

この献立がずっとかあ。そもそも甘すぎやろー。

 

っていうのが最初に浮かんだこと。

 

まあ市内各所で配布され、いろんなお母さんたちから疑問を持つ声も聞こえ、行動してる方の話も聞こえてきました。

ここまでは疑問を持ちつつも仕方ないかなあと日和見な私がいたわけです。

 

数日後、市議の方のHPに

給食に関する保護者の不安を教育長と直接やり取りした、というものが上がってきました。

そこに

 

給食も学校教育の一環なので、できればパンと牛乳の給食を食べて欲しい。でもどうしてもというご家庭は、おにぎりやお弁当の持参を認めます。その旨学校に通知しますが、あくまでも特例措置なので広く周知はしません。おにぎりもパンもどちらも食べるというのは無しです。牛乳だけの提供も可能にしますし、その分の給食費も返金します。とその場で決めていただきました。

原文ママ 

 

という文言がありました。

それならばこちらの希望を聞いてくれるだろうと

単純にそう思って学校側に連絡を入れたのが6月15日のことでした。

 

結果は

 

アレルギーか宗教上の理由でないと

変更はできません。

 

ということでした。

 

 

長くなりそうなので、ひとまずここまで

 


f:id:hudemojist:20200621164931j:image

今年初収穫のキュウリ

 

 

簡易給食を巡って その1

FBの記事でたくさんの方々に興味を持っていただき、コメントも頂いたので、こちらにも記録として残しておこうと思います。

 

6月15日の時点で思ってたことです

 

ちょくちょく話題になってるコロナ禍での給食問題
長文です。
こういう話苦手って方は回れ右で。
現場の大変さは身近で知ってます念の為。

ご多分にもれず
佐倉市は簡易給食が採用されました。近隣市及び市内保育園では通常給食が行われているのにも関わらず、です。
でもまあそれは仕方ない。
上からの通達に沿わなきゃいけない現場の苦悩も
重々承知。最大公約数的な考えでリスクを避けるのも理解はする。
個別に家で補充していけばいいかって思ってました。大人として。

でもね、やっぱり献立表をよくよく見ると
糖分と脂質でカロリー摂ってるだけ。
これから暑くなるのにこれが2ヶ月程度続くってどんな仕打ちだよ、とすら思う。
次男は基本甘いものを好まないので、うんざりしてる模様。でも仕方ないって思ってるみたい。
で、個別の相談も可能だという話も耳にしたので早速聞いてみました。

結果 アレルギーと宗教的理由以外は同じにするのが望ましい。
だそうです。
うまいよねー、言葉のセレクション。
指示にならない、
あくまでも学校側の要望ですが
保護者様のご意見も聞いてますよー
という体を保つ言い方。
暖簾に腕押し糠に釘です。
いつもなら そうですか、と
ケツまくるところですが
なんか今回はゴリッとした違和感を感じて。
周りに合わせて自分の意見を調整していくことがイヤになっちゃったみたいなんです。

だって私がイヤだ!

糖分と脂質でカロリーだけ満たすって違うでしょ?
いろんな食感、味を満たすことで
お腹はいっぱいになるんだよ。
スカスカ←おっといけない
フワフワのパンは飲み物になっちゃうんですよ。
数字が達してればいいわけじゃない。
ミネラル不足による熱中症のリスクも高まる。
そんなわけで食い下がりました。

結局判断は管理職預かりとなりました。

現場の先生に悪いことしちゃったなって思うけど
納得できないことや違和感を有耶無耶にしないで言えたってちょっと自分でびっくりしました。

まあどんな返事でも
最終的には飲み込むんでしょうけど
諦めたくない
それだけです。

 


f:id:hudemojist:20200617190324j:image

そこまでして止めさせたかったもの

何でもやっちゃおうとする事

 

この3週間を振り返ってそう思う。

世の中

そろそろ緊急事態宣言が解かれるぜー

自粛期間しゅうりょーー!

って最中の誕生日6日前←中途半端

 

バドミントンもどきをやってたときに

やっちまいましたの、ギビっとね。

 

バチンでもないギュッでもない

あのなんか猛烈な違和感

かろうじて付くのはつま先のみ

なんとか終了間際のお医者さんに駆け込んで

筋肉断裂してるかなー←いわゆる肉離れ

と相成りました。

「立派なけが人」とドクターに告げられたわけです。

 

まあそこから今日までの3週間

最低限しか動きませんでした。

動けなかったんだけどね。

 

でもね、やろうと思ったら動けちゃう。

いや、動いちゃう。

なんでかって?

役に立てない人間は人に非ず

だからです。私の中でね。

 

そんな行動基準で生きて

はや半世紀マイナス1←また中途半端

 

もういいんじゃね?

のサインだったのでしょう。

強制的に動けないのだから

やってもらうしかない。

しかも私の指示やお膳立てなしに、です。

もう自分の修行。

 

できないことを任せる

やろうとしない

やって、と頼む。

 

今までも頼んできたことはあったけど

必ずこんな枕詞をつけてた

「悪いんだけど」

ってね。

 

悪いんなら頼むんじゃねーよーー!!!!

 

ってことです。

これって結局相手を信用してない証拠

あなたにはできないよねって前提がある。

だから相手は嫌な顔するよ。

特に子どもはね。

 

このカラクリに気づいたところで

実験してみた。

今までの言葉のチョイスを変えてみる。

やれないなーじゃなく

自分でやらないを選ぶ。

 

そうしたら

みーんな気持ちよくやってくれる。

 

ほら、気づくでしょ?

やらせたくなかったのは私だったんだ。

何よりも相手を信じてなかったのは私だったんだ

そして自分を信じてなかったんだと。

 

私が何もやらなくても

私は私でいるだけでいいって

そういうことだったんだね

 

そんなわけで

ようやっとこ

安心して「やってー」

って言えるようになりました。

 

今日固定が取れて

カイキーン!って思ったら

思った以上にまだ足はつけませんのん。

 

まだまだやってーの日々が続きそうです。

 


f:id:hudemojist:20200604181815j:image

自分の運の良さを検証してみる

これまでの約半世紀を振り返ったとき

まあまあ運のいいほうだろうとは思っていました。でも言い切れるか?

そこを確かめてみようと思ったのは

こんなきっかけ

尊敬する方は数多おりますが

その中のおひとりである

櫻木よしこさんが

こんなことを書いてらしたんです。

http://sakuragiyoshiko.com/2020/05/%e8%87%aa%e5%88%86%e3%81%af%e9%81%8b%e3%81%8c%e3%81%84%e3%81%84%ef%bc%81%e3%81%a8%e8%87%aa%e4%bf%a1%e3%82%92%e6%8c%81%e3%81%a3%e3%81%a6%e8%a8%80%e3%81%88%e3%81%be%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9f%ef%bd%9e/

 

自分の運の良さを検証してみてはいかがでしょう?

 

 

意外と?素直な私はやってみることにしました。

 

①待望の女の子として生まれてきた

母は女の子が生まれるまで生み続けると言ってたそうです。5人お腹に入った中で最後だった私。

実際は3人兄弟だったので、この世に出てきたことがまさに強運

 

②家族、兄弟が仲が良い

年間で夏のサンバカーニバルのときにしか全員顔を合わせることはありませんが、何かあったときの結束力はすごいです。

 

③浪人を経ての大学進学の時期と資金繰りがうまく回っていた時期が重なった

稼業は仕立て屋だったので、潤沢な家計ではありませんでしたが、必要なときには困ったことはないです。

 

④旦那さんが見染めてくれた

これ大事

 

⑤我が子3人が素晴らしくいい子

なにしろ面白い。そして自分の言葉を持っています。気持ちを言葉で表現できるのは大切

 

⑥私を応援してくれる人が必要なときに現れる

ほんとにそう。励ましてくれたり、ヒントをくれたり、背中蹴っ飛ばしてくれたり。

みんなみんなありがとーーーー

 

書き始めたらどんどこ出てきちゃう。

いやあ、本当に恵まれてるなー。

と振り返ってみると

自分がこだわってた

傷ついた思い出

なんて なんて小さなことか!

自分のちっちゃさに恥入る思いです。

 

こうやって書き出してみると

実に豊かに運のいい星のもとに生まれたんだなー

という思いと同時に

家族をはじめ、いろんなことに

有り難い気持ちが溢れてきます。

 

つまんない事も

どっか飛んでっちゃう気分になるから

ちょっと棚卸し

やってみてください。

 


f:id:hudemojist:20200526190533j:image

 

 

セルカウンセリングででてきた言葉

私は筆もじを書く人

ひらめくカード使いになる時に先輩方々から言われたのが

 

カードで出てきた言葉を書いて渡したらお守りになるじゃない!

ぜひやってみて!というアドバイス

 

自分が筆もじで言葉を書くのって

相手から浮かんだ言葉を

つかまえてきてつなげていく作業。

それがどんな分類になるのかなんて

意味がないのでおいておく。

ただこれって実は普遍的じゃない。

目に見えないし、それぞれが感じることだから。

でも今まで書き下ろしてきたなかで

心に届けることもできてきたとも思ってる。

 

で、出合ったこのカード。

これもひとつかもなって思ったの。

カードを手がかりとして

ご本人から出てきた言葉が見えるようになる。

私自身のやり方に頑なにならなくてもいいかもしれない

そう思ったからちょっと一歩踏み出すことにしたの。

まずはセルフでやっていく

まずはこちら


f:id:hudemojist:20200526105014j:image

このカードをみて最初に気になったのが

左の眼

何見てるの?ってところから

自分に聞いていって

最後出てきたのがこれ

f:id:hudemojist:20200526105108j:image


そっか。気持ちいいことしよーっと

ということでよもぎ蒸しをしたのでした。

 

動画の上げ方がうまくいかないので

今回はこれにて。

ひらめくカード使いになった理由を残しておく

ひらめくカードってご存知かな?

カードというと占いで使われてるイメージが強いのだけど、このカードは占いのために作られたものではありません。

なんのために作られたかというと

 

ザ·カウンセリングのため

 

このカードに描かれているものについて

話しているうちに

物事の本質は見えてきちゃうの。

そこにはカード使いというカウンセラーが

しっかりとナビゲートしてくれるのだけどね。

カードと対話していくさまは

まさしくセルフカウンセリング。

 

自分のことって

結構都合悪くなるとしまっちゃったり

見ないふりしちゃうことってあるじゃない?

私は結構ある。

だってキツイ思いしたくないもん。

ええかっこしいだからかっこ悪いことも嫌。

 

でもこのカードを介していくとあらあらあらと言ってる間に出てきちゃうのよ、しまっておいたものが。

これは自分に必要なスキルだよなと思ったのが

カードを学ぼうと思った理由のひとつめ。

 

ふたつめは

子どもたちが握ってる

うまく言葉にならない思いを紐解く

きっかけにならないかなって思ったこと。

 

今私は放課後等デイサービスで

発達障害と言われる子たちと関わる仕事をしてる。

人と人が関わる上で必要なコミュニケーションが苦手な子が多いんだけど、その前段階として

思ってることを表現する

ここが引っかかっちゃうことが多い。

このカードを使って

言葉で伝えること、表現することの機会が増えていったら彼らの標準装備も増えていくんじゃないかと思ったわけ。

 

みっつめは

カードの絵が好きで、カードを介した会話をもっともっとやってみたかったから。

単純な好奇心。

幼稚園勤務の頃、子どもが描いた絵には必ず

子どもの言葉を聞き取っていたの。

これなあに?

あぁ、〇〇なんだ。それでこれは何してるの?等々

それはそれは豊かな世界を見せてもらえてた。

 

ちょうどこのカードを使ったセッションに立ち会ったときその時のワクワクがぶわーっと上がってきたのね。で、単純にやってみたーい!って思った。

 

随分前から私の周りではこのカードを使ってる方がいらしたし、何度かセッションも受けさせてもらってた。その度ごとに自分の中の扉がカチッと開いておおーーーってなってたから、カードの力はよくわかってた。でも今までいろんなことに手を出してきた私は、もういいんじゃない?っていう気にもなってたのは確か。だから自分でやらなくても受ければいいやって思ってたの。

 

でもなんだかここ最近の流れの中でふとやってみようと思えた。

それはきっと、みりわんさんっていう

素晴らしいカウンセラーのセッションを見ることができたからだと思うんだ。

 

そんなみりわんさんがこのカードの原点を語ってるのがこちら。

https://ameblo.jp/miliwan/entry-12522818165.html?frm=theme

 

 

 

ひとまずベースの心構えは学んだところなので

まずはセルフカウンセリング。

並行して数稽古

まずは50人無料セッション(20分から40分)

そこからあと50人は私ができることを組み合わせていく予定←筆もじとか筆もじとか筆もじとか

 

まあ勢いで言い切っちゃってるけど

募集の形は改めてお知らせします。


f:id:hudemojist:20200526023537j:image