読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筆もじスト➕親そだち子そだちナビゲーター かおりんのブログ

あなたや写真から感じた事が私の手を躍らせます。ことばを書くのも子どもたちとあそぶのも私にとって大事なこと。筆を通して表れることばはただ一つのもの。

本当に助けたいと思っていたら何ができるんだろうか

f:id:hudemojist:20170330093158j:image

 

いのちの電話を担うボランティアが

足りなくて存続の危機

 

というニュースが流れていました。

 

自殺を踏みとどまった人も

幾人もいるいのちの電話

苦しんでいる人の少しの光になれれば

という気持ちで従事していてくださっています。

 

ここでちょっと不思議に思ったんです。

SNSの中を見ていると

誰かの力になりたい

元気をつけてあげたい

救いたい

ということを掲げてらっしゃる方が

たくさんいます。

でも必要とされているところには足りない現実。

 

本当に助けたい気持ちがあるのなら

そういう場で力を尽くすという

選択もあるんじゃないか。

でも

自分が得た知識や経験に対価があるという

想いがあるのもわかる。

 一方で届けたいところに届かないこともある。

ぶっちゃけ経済力と比例してしまう

部分もあるのも事実。

こういうジレンマを

感じてる人もいるんじゃないかな。

 

 

真剣にやっていればいるほど

どこに自分を置いて

自分がどうしたいのか

そこの覚悟を試される。

果たして私はどの道を選んでいくのだろう。